【Don’t Starve】鳥かごの活用方法【初心者向け】

Don't Starve

どうもminBです。今回はドンスタにおける鳥かごについて解説していきます。うまく活用すればとても楽にゲームを進めることができるので是非読んでみてください。

鳥かごの作り方

鳥かごは金6つ、パピルス2つ、種2つ。
パピルスは沼地に生えている葦を4つクラフトすることで作ることができます。ちょくちょく要求されるのでまだ沼地が見つかっていない場合は優先的に探しましょう。

次に、鳥かごに入れるための鳥を捕まえましょう。鳥を捕まえるためには、枝3つ、シルク4つで鳥用の罠を作る必要があります。
鳥用の罠を適当なところに設置したら、その上に種を1つ置いておきましょう。数分待てばかかると思います。

あとは鳥かごを設置し、その中に捕まえた鳥を入れれば完成です。

鳥かごの活用方法

  • 作物を与えるとその作物が必ずできる種を入手できる
     種は複数個手に入ることもあるので、特定の作物を増やすことができます。ドラゴンフルーツを量産するのが主な用途だと思います。
  • 肉を与えると卵を産む
     モンスターミートも焚火で調理してから与えることで卵に変換できます。デメリットのあるモンスターミートをノーデメリットの卵にかえることができるのでとても便利です。
     また、卵も与えることで卵を産みます。これにより、腐る前なら卵をいつでも新鮮なものに変換してくれます。

鳥かごは作物の固定や卵の入手ができ、あると無いとでは大違いなアイテムです。沼地さえ見つかっていれば比較的楽に作ることができるので是非作っておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました