【Apex Legends】FPS初心者がプラチナ帯へ行くまでにやった9つのこと【脱ゴールド】

Apex Legends

ゴールド帯でたまにポイントが盛れてもすぐに溶かしてしまう、なんてことはありませんか?

ゴールド帯からはマイナスされるポイントが増えてくるので、より安定した立ち回りが必要になります。

今回はApexでゴールド帯から上がれない方に向けて、私がプラチナ帯に行くまでにやったことを9つご紹介します。

minB
minB

私はシーズン8の終わり頃からApexを始めました。

プラチナ到達時のプレイ時間は210時間程、FPSはApexが初めてです。

  • どうしてもゴールド帯から抜け出せない
  • キルが思うようにできない
  • ランクポイントがすぐ溶ける

こういった方は参考になると思います。

この記事を読むメリット

  • 初心者がするべき練習が分かる
  • 安定したプレイを身に付けられる
  • プラチナ帯へ上がることができる

※マウスでプレイしているのでコントローラーについては詳しくないです。ご了承ください。

設定を見直す

Apexは初期設定のままだとプレイに支障が出る箇所がいくつかあるので、あまり弄ってない方は一度見直してみましょう。

私が実際にやった設定はこんな感じ。参考までにどうぞ。

  • 感度調整
  • 視野角の調整
  • オートスプリントON
  • キー配置の変更

どんな設定にするかは基本的に好みですが、感度と視野角は必ず調整するようにしてください。

感度調整

マウスのDPI × ゲーム内の感度の数値

これが800~1600になるように調整します。

絶対にこの数値でなければいけないという訳ではありませんが、この間に収まっているプロの方が多い印象です。

高くしすぎるとエイムがブレてしまうので高くても2400以下に設定しましょう。

マウスのDPIが分からない場合は説明書を見るか、ネットでマウスの商品名を調べると記載されている場合が多いです。

視野角の調整

しyしやし視野角70
視野角110

視野角を弄ると見える範囲が変わります。

数値を小さくすると敵は大きく見えますが動きは早く見え、逆に大きくすると敵は小さく見えますが動きは遅く見えます。

Apexでは近距離の打ち合いになることが多いので視野角を低く設定していると不便に感じることが多いです。

104~110の間で設定しておくのがおすすめです。

使用する武器・キャラクターを絞る

自分が使う武器・キャラクターをある程度絞っておくことで上達速度が格段に速くなります。

Apexには多くの武器・キャラがあり、それぞれに特徴が備わっています。

例えば武器なら

  • 単発ダメージ
  • リコイル
  • 弾速
  • 連射速度
  • 得意な距離

この辺りが変わります。

自分が「これだ!」と思った武器・キャラ見つけ、使い続けましょう。

熟練度がどんどん上がるので、立ち回りが良くなりキルもとれるようになります。

武器・キャラの選び方

武器・キャラはそのシーズンで強いとされているものを選びましょう。

武器なら下記の動画を参考に、対応距離が被らないように2つ

キャラなら下記の動画を参考に2キャラ(普段使うキャラ・先にピックされたら使うキャラ)選んでおきましょう。

動画は「BobSappAim」さんの動画をお借りしました。ありがとうございます。

リコイルコントロールの練習

武器にはそれぞれリコイル(反動)が設定されています。

打ち合いの際にはリコイルコントロールをして一点を打ち続ける必要があるので、まずはリコイルコントロールを練習しましょう。

まずは上の項目で決めた武器2つのリコイルコントロールを徹底して練習してください。

リコイルコントロールの練習の手順は次の3つです。

  1. 武器のリコイルを確認する
  2. 反動の向きと逆にマウスを引っ張る
  3. 2を何度も繰り返す

武器のリコイルを確認する

まずは武器のリコイルを知る必要があります。

射撃練習場で壁に向かってマウスを操作せずに撃ってみましょう。

毎回全く同じ、という訳ではありませんがある程度のパターンがあることが分かると思います。

反動の向きと逆にマウスを引っ張る

手順1で確認したリコイルに逆らうようにマウスを引っ張ります。

カービンなら

下→左下→右下→左下

とマウスを動かします。

リコイルコントロールありと無しの比較
リコイルコントロールなし(左)とリコイルコントロールあり(右)

2を何度も繰り返す

手順2をひたすら繰り返します。

金バックに弾を詰め込み無くなるまでを1セットとして、一日最低1セット、やる気があれば2セット・3セットと練習します。

壁打ちに飽きたらダミーを撃ってみましょう。

何日も続けていると意識しなくてもリコイルコントロールができるようになり、敵にも弾が当たりやすいと感じるようになります。

アリーナで戦闘練習

シーズン9で追加されたアリーナは戦闘練習をするのにぴったりなモードです。

カジュアルやランクは移動の時間が長く、決めた武器を拾えるかどうかも運に左右されるため撃ちあいの練習には向きません。

その点アリーナは戦闘のみを行うことができ、決めた武器を自分で選ぶことができるので効率よく練習することができます。

ジャンプマスターをやる

苦手意識を持つ人が多いジャンプマスターですが、ランクでポイントを盛る際には必ず身に付けておきたい技術です。

特に順位ポイントのみでもプラスになるゴールド帯では「初動で被らないように降りる」ことが非常に重要です。

ジャンプマスターは自分でやらないと慣れません。

今までジャンプマスターを譲っていた方も積極的にやることをおすすめします。

被らないジャンプマスターのやり方

ジャンプマスターやるといつも被るんだけど・・・

という方もいるでしょうし、被らないジャンプマスターのやり方を簡単に解説します。

ジャンプマスターの基本は以下の通りです。

  1. 真後ろを向いて先に降りたパーティーの行き先を確認する
  2. 誰も降りていない街に後降りする

先に降りたパーティーの行き先が分かるようになるのは慣れが必要です。

まずは自分がジャンプマスターで無い時も真後ろを向いて、他のパーティーがどこに降りているかを観察する癖をつけると良いでしょう。

漁りを練習する

Apexでは物資を漁るスピードがとにかく重要です。

物資の漁りが早いと次のようなメリットがあります。

  • もし降下地点が被った場合に有利に撃ち合える
  • 早く移動できるので有利なポジションが取りやすい
  • 漁夫に素早く対処できる

他にもまだまだあると思いますが私が特に体感できたのはこの3つです。

Apexの漁りには2種類あります。

「床に落ちている物を漁る」「デスボックスの中身を漁る」です。

どちらも重要なので自分ができていない方を練習しましょう。

どっち練習すればいいの?と言う場合は、

  • 初動で味方が戦ってるのに武器がなくてオロオロすることが多い
  • 気が付いたら味方が移動を始めている
  • バックが要らないアイテムで埋まっていることが多い

という方は「床に落ちている物を漁る」練習を、

  • 漁夫の対応が間に合わない
  • デスボックスのアイテムを味方に取られることが多い
  • 戦闘後に味方に置いて行かれることが多い

という方は「デスボックスの中身を漁る」練習をしましょう。

積極的にピンを挿す

Apexはピンだけである程度の意思疎通が可能です。

味方との連携がとりやすくなるので積極的にピンを挿しましょう。

  • 味方を置き去りにしてしまうことが多い
  • 援護してくれないことが多い
  • 味方が不利な突撃をすることが多い

こんな方はピンを挿すことである程度防ぐことができるようになります。

特にゴールド帯は圧倒的に不利な状況で攻め込むプレイヤーが多い印象です。

大体オクタン。

そんな場合は「行け」や「防衛する」のピンを使って、攻め込みたくないという意思を伝えましょう。

味方がダブハン爪痕とかだったら放っておけばいいよ。うん・・・。

味方を見捨てる

時には味方を見捨ててでもできるだけ長く生き残りましょう。

非情だと思われるかもしれませんが、Apexでは生き残るだけでマイナスポイントを減らすことができるのでとても大事なことです。

極端な話ですがゴールド帯では6位の時点でポイントがプラスになるので、毎試合6位まで生き残ればキルがまったく取れなくてもプラチナに上がることができるのです。

味方を見捨てた方が良い状況は例えばこんな感じです。

  • 味方が一人で突撃してダウンした
  • 味方が二人ともダウンして相手が一人もダウンしていない
  • 味方二人がダウンした状態で漁夫が来た

基本的には「全滅しそうなら自分だけでも逃げる」という考え方です。

ただし引きすぎると味方へのカバーが遅れるのでバランスよく立ち回る必要があります。

また、見捨てて逃げた場合は落ち着いてから「sry」と一言、チャットをしておきましょう。

心無いことを言うプレイヤーもいますので。

使用機器の見直し

ゲームをプレイする環境が良ければ、その分有利になります。

例えばマウスにサイドボタンが付いていれば特定の行動をしやすくなりますし、モニターのヘルツ数が高ければエイムも合わせやすいです。

どうしても撃ち合いで負ける・・・と言う方は周辺機器を揃えることを考えてみてください。

個人的にはマウス・マウスパッドが効果が高いと感じました。

マウスの精度が高ければエイム力が上がり、大きなマウスパッドを使うことで真後ろの敵にも対処しやすくなります。

おすすめのマウス・マウスパッド



とりあえずこれ買っておけば失敗しません、という商品を選んでます。

もちろんもっと高い商品でもいいですが、この2つがコスパが良いのでおすすめしておきます。

まとめ

今回はゴールド帯から上がれない方に向けて、私がプラチナ帯へ行くまでに工夫したことを紹介しました。

まとめると

  1. 設定を見直す
  2. 使用する武器・キャラクターを絞る
  3. リコイルコントロールの練習
  4. アリーナで戦闘練習
  5. ジャンプマスターをやる
  6. 漁りを練習する
  7. 積極的にピンを挿す
  8. 味方を見捨てる
  9. 使用機器の見直し

この9つです。

初心者にとってはゴールド帯から上がることが最初の壁になります。

ここを乗り越えることができればApexの実力も上がり、よりApexが楽しくなりますよ。

タイトルとURLをコピーしました